宗教法人が非課税なわけ

宗教法人が非課税なわけ

宗教法人として登録をしてしまうと、宗教に関する活動であれば、原則非課税になります。なぜ宗教法人は、非課税が認められているのでしょうか?宗教に縁のない人ほど、疑問に感じるかもしれません。

 

 

 

宗教法人にはまず、公益性というものが認められています。

 

 

 

また宗教法人が所有している建物や境内については、檀家の手によって維持管理されていると思われます。これを自治会のスケールで見ていきましょう。

 

 

 

自治会で会館を所有していたとします。この会館の維持管理については、町内会費などによって、維持管理されています。この町内会費は、所得税の対象にはなりません。また町内会長が集めたとしても、その人の所得になるわけでもありません。

 

 

 

宗教法人の建物についても、別に檀家が寄付金などを出し合って、管理されています。宗教法人が寄付金を集めたとしても、町内会長が集めた町内会費は所得として認められないのと同様で、所得税の対象にならないわけです。一見不公平に思えても、自治会に例えると、納得できるでしょうか?