宗教法人の課税と非課税

宗教法人の課税と非課税

「坊主丸儲け」なんて言葉ありますが、皆さんはどう思いますか?非課税の種類が多すぎる、税金掛けなすぎる…なんて思っている人も多いかもしれません。

 

 

 

しかし宗教法人だって所得など一般サラリーマン同様きちんと課税対象になっています。非課税対象となっているのはあくまでも運営に必要な経費として判断されているものばかりなのです。もし、坊主丸儲けと思っているのであればあなたはお坊さんと一般サラリーマンどちらを選びますか?非課税の多い宗教法人ですか?

 

 

 

しかし前文にも書きましたが自分の所得に関しては課税対象となりますし、1年中無休で修行に励み、いろいろなところで我慢することも多いのです。働くのに楽なことはありませんが、このことだけを考えると一般サラリーマンの方が楽ですよね。

 

八重洲の会議室はここ

 

では非課税対象が多いと言われる宗教法人ですがどんなものが対象となるか知っていますか?非課税対象となっているものとして主に法人税、消費税、登録免許税が挙げられます。法人税は収益事業を行っていない宗教法人が該当します。

 

消費税に関しては戒名料、お布施、おみくじ・お札・御守りの販売など宗教法人として本来の活動の範囲であれば掛からないのです。

 

 

 

そして登録免許税は通常、不動産の所有権移転登記手続きの際に掛かるのですが社寺境内地や寺社仏閣・教会などは証明書を提出すれば掛からない事になっています。

 

 

 

えっ?これも非課税対象?と思うかもしれませんがなぜ非課税なのか理由を知ると納得がいきます。