宗教法人の情報開示に必要な書類作成

宗教法人の情報開示に必要な書類作成

宗教法人をどう動かしていくのかについて興味がある人もいると思います。
こういった法人は三人以上の役員をたて、合議制で動かしていくというのが決まっています。
この役員たちの集まりでいろいろな事を決めていくのですが、この人間関係がこじれてしまうと泥沼となります。

 

こういった人間関係が悪くなる原因は大抵の場合お金に関することです。
最悪の場合宗教者と檀家が対立するということになりますが、檀家対檀家という構図になることもあります。
その宗教法人がどうやって運営しているか、財務の情報を自分達以外には知らせず暴走しているケースはよく聞きます。

 

特に宗教法人は正しい情報開示が必要です。きちんとした情報開示を全ての役員たちの示すというのが理想です。

 

収益事業などをしていない宗教法人は税理士事務所などに会計の書類を作ってもらうことはあまりないですが、前述した役員たちの軋轢を生んだような状況を作らないためには、そういった書類を作成してもらうことも選択肢のひとつにはいるでしょう。
それに前に税務調査のレビューを書きましたが、宗教法人に対する目は最近厳しくなっていますので、役所にたいしてもどうどうとしていられます。

 

税理士に作ってもらった書類はそのまま役所に持っていけるものなので、いろいろな用途に使えます。
よくこういった書類を作成依頼してくる宗教関係者は宗教者の奥さんや親族で、きちんと法人を動かしていると証明するために作ってもらうそうです。
その他役員なども信者に情報開示を迫られて依頼することもあるそうですね。