収益事業の課税

収益事業の課税

宗教法人が収益事業をしていると判断された場合、課税されますが具体的にどんなことをすれば課税されるのかを書いていきましょう。
財政状態のよくない宗教法人があったとして、黒字を出すためではなく少しでも赤字を減らすための事業であっても税金はとられます。

 

お守り、おみくじなど利益が少ない場合、寄付のように扱われ収益事業と見なされない場合があります。
これは宗教と関係あり宗教法人の関係者しか売れないという事が関係しています。

 

しかし、宗教法人の関係者以外でも売れるものや、利益が大きいものには課税されることがあります。
土地などを貸し出すのもダメですね。土地を貸したりしてお金をとっている場合は申告しなければ行けません。

 

駐車場なども課税されます。なんで宗教法人に課税されるのかと言えば、普通の民間企業と事業が重なる部分が出てきて、民間企業に不利益がかからないようにするためです。
ですから、企業が不利益にならないと判断された場合は課税されません。短期間で終わる事業や、儲けが少ないものこういったものには課税されません。

 

三十三の事業が収益事業とされ物品販売業や不動産貸付業、駐車場業などがよく課税すべきかどうかの議論の対象となります。
預金の利子などについては税金がかかりません。宗教の活動自体には税金がかからないのは前にものべましたが、今回紹介したものに課税するかどうかは議論があります。
宗教法人についての課税については、いろいろな考え方がありますから今とは違うふうに変わっていくのかもしれません。