宗教法人の税務調査

宗教法人の税務調査

宗教法人できちんと納税をしていれば、別に大きなトラブルに発展をすることはありません。しかし時たま、宗教法人に対して税務調査が入る可能性があります。税務調査が入る場合には、調べるポイントは通常、2つあるとされています。

 

 

 

まず一つ目は、宗教法人に対する入金をすべて漏れることなく記載がされているかどうかについて、チェックします。また、支出の中には、従来は個人が負担をしないといけないものがあります。しかし個人負担ではなく、宗教法人が負担をしているという扱いになっていないかどうかについて、税務調査が行われます。

 

 

 

また必要経費の解釈についても、いろいろともめることがあります。たとえば、檀家さんで冠婚葬祭があったとします。この冠婚葬祭の費用について、必要経費として認めることができるかどうか、また通常は家族の部屋として使っていても、一時的に待合室として利用をする場合には、必要経費としてカウントをしてもいいのかというところは、非常に微妙になります。