収益事業のいろいろ

収益事業のいろいろ

宗教法人は非課税対象が多すぎる…と思う人も多いかもしれません。しかしそれはズルイことではなく、当然のことでもあるのです。

 

 

 

宗教法人としてではなく、町内会やクラブ、サークルなどを例にするとその理由が分かるかもしれません。町内会、それにクラブやサークルに関しても言えるのですが定期的に会費を徴収されますよね。

 

 

 

何か運動をする為の費用や維持費用…などで使われることが目的でしょう。もしそれに税金が掛かる…と言われたらあなたならどう思いますか?ほとんどの人の場合、「えっ、どうして?」と思うのではないでしょうか。

 

 

 

それもそのはずですよね。集められた会費が誰かの所得になるのであれば課税対象となりますが、そんなことはあり得ないと思います。これと同じように宗教法人も所得は課税対象になりますが、その他の収益事業以外は非課税となるのです。

 

 

 

ではちなみに収益事業にはどんなものがあるのか知っていますか?主な収益事業としてお守り、お札、おみくじなどの販売や土地の貸付、それに駐車場経営などが挙げられます。

 

 

 

駐車場経営に関しては月極だろうと時間貸しだろうと関係なく、お金を徴収した時点で収益事業とみなされます。

 

逆に収益事業として見なされないものでは墳墓地の貸付があります。例え、永代使用料や地代を徴収する場合だとしても収益事業とは考えられないようです。

 

こういうところの区別に関しては難しいので専門家に聞かないと間違ってしまいそうですね。