宗教法人と駐車場

宗教法人と駐車場

宗教法人の中には、広大な境内を持っているところもあるかもしれません。この境内をほかの用途で、ほかの業者や個人に貸し付けを行う場合には、収益事業として認定される可能性があります。つまり、課税対象になる可能性がありますので、注意しましょう。

 

介護のフランチャイズだったらコチラがおすすめです

 

たとえば、宗教法人が所有している土地の一部を、駐車場として貸し出すこともあるかもしれません。月極めで貸しだす場合もありますし、時間貸しの場合もあるかもしれません。しかしいずれのケースについても、駐車場業ということで、お金を取れば収益事業ということになります。

 

 

 

こうしてみると、自分の保有している不動産の貸付業務を行っているわけですから、不動産貸付業として認定をしてもいいのではと思う人もいるかもしれません。しかし、駐車場としての貸し付けの場合には、駐車場業というジャンルに組み入れるのが一般的とされています。

 

 

 

国などに申告をする場合には、不動産貸付業と駐車場業は区別をする可能性がありますので、注意しましょう。